基礎

基礎 < トップページ
BLHの工法
長期優良住宅
安心のサポート
安全に健康で暮らす事
ペットと暮らす家
住まいの豆知識
よくある質問FAQ
 

建物を支え、家を守る為に強く丈夫で精度の高い基礎作りは重要なポイントです。また、湿度の少ない床下環境は健康な生活に大きな効果をもたらします。


防湿フィルム敷

防湿フィルム敷

地中の水分が基礎に上がって来るのを防ぐ為
基礎の下に防湿フィルムを敷く。

基礎配筋

配筋ベース 配筋立上り 配筋外枠

縦・横・立上りの配筋を200o間隔で緊結し、基礎の中心に配筋が来るようスペーサーを使用。

コンクリート打

基礎仕上がり

底板・立上がりにコンクリートを流し込み、養生をして完成。

立上りは150o(5寸)厚とし、土台や基礎など構造材をしっかりと支える。

防腐防蟻処理

基礎ヘルスコート

炭を原料とした防腐防蟻処理材によりシロアリの侵入を防ぎ、
炭の調湿効果で基礎内を適度な乾燥状態に保ち、悪臭を吸収・分解する。

ページTOPへ

カビ・シロアリ等の害虫駆除

ヘルスコートは優れた調湿性でカビ・ダニ、シロアリ等の最も好む湿気を抑え繁殖防止。
さらに木炭の防カビ・害虫忌避作用でシロアリ等の食害を受けません。


シロアリ耐蟻性試験 <農林水産省森林総合研究所>
 【試験期間】
 平成10年4月10日〜平成10年5月11日
 【試験方法】
 ヘルスコートを塗布した試験片を10個と対象材料試験片を60個をイエシロアリの巣上に交互に配置し、
 約一ヶ月後の質量減少率の平均標準偏差を測定した。
 (測定は、各試験片の60℃48時間乾燥時の質量を基準とした。)

 
供試材料 質量減少率 備考
平均 標準偏差
供試塗料塗布
(平均塗布量:183g/m2)
0.9 0.7 食痕はまったく認められない
対象材
(アカマツ片材)
31.4 23.6 耐蟻性標準材
食害大であり、試験片は崩れる
シロアリヘルスコート
シロアリ参考資料

シロアリ参考資料PDFダウンロード→

ロング基礎パッキン

ロング基礎パッキン

立上りに換気口を設けずロング基礎パッキン工法にする事で、
基礎全体に換気を行ない耐力の弱い部分を作らない。

また、基礎と土台が直接触れない為、基礎の湿気による土台の腐朽を防ぐ。

ページTOPへ
ロング基礎パッキング工法 従来の工法

ロング基礎パッキング工法

※全周通気でコーナー部分もスッキリ換気

従来の工法

※コーナー部分は湿気がこもりやすい

床下全周換気システムで暖房費を節約

寒冷地において、Jotoロング基礎パッキング工法で開放的な床下通気をしたときと、冷気を遮断するために、

換気スリットを閉鎖したときの床温度の違いを比較しました。

結果、Jotoロング基礎パッキング工法にて開放的に通気した方が、床温度が高いことが実証されました。

それは、床断熱材の性能低下の原因となる床下の湿気を効果的に排湿し、断熱材の性能を維持することで、
室内の熱ロスを防ぐからです。

基礎強度の比較「どちらを選びますか?」 基礎強度の比較「どちらを選びますか?」

基礎に換気口部を設けるのに上端筋を
切断するため耐久力が低下。
地震に弱くクラックの原因になりやすい。

基礎と土台が接しているため、
土台が腐る原因になる。

基礎天端のレベル出しが大変。

基礎と土台の間が換気口なので
配筋など施工が簡単。

基礎と土台が離れているので土台が腐らず
に乾燥状態を維持。

基礎天端のレベル出しが素早く簡単。

ページTOPへ

ご相談、お問い合わせは

株式会社ビー・エル・ハウジング
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-4
フリーダイヤル:0120-00-6327
メールの方はこちら→